生活保護で実際に貰えるお金はどれくらい?都内一人暮らしだと13万円前後

生活保護の手続きやもらい方 生活保護Q&A

生活保護で実際に貰えるお金は都内一人暮らしだと13万円前後が相場です。

ただし、その他にも電車の運賃や公共料金などが無料になります。

生活保護で実際に貰えるお金はどれくらい?

生活保護で貰えるお金

新型コロナの影響で企業の倒産や休業が相次いでいます。

その影響で、収入が無くなり、生活保護を申請する人の数も急増しています。

皆さんの中にも、生活保護の申請を検討している方がいるかもしれません。

ただ、これから生活保護を申請しようと考えている方にとって、最も気になるのが

「生活保護っていくらぐらいのお金が貰えるんだ」ってことだと思います。

生活保護で貰えるお金は、地域や世帯の状況などによって変わります。

そのため、生活保護で貰えるお金は申請者ごとによって違うのです。

都内一人暮らしの相場はだいたい13万円

生活保護で貰えるお金の額は、申請者ごとによってさまざまです。

ただ、だいたいの相場でいうと、都内一人暮らしの場合だと13万円前後です。

これは、生活保護の基本料ともいえる生活扶助と、マンションやアパートの賃料にあたる家賃扶助を合算した額です。

これが、田舎のほうだとマイナス1~2万円、二人暮らしだとプラス4~5万円といったように、金額が変動します。

公共料金などは無料

生活保護で貰えるお金が「都内一人暮らしでだいたい13万円」と聞いて、生活ができるのかどうか心配になった方もいるかもしれません。

ですが、ご安心ください。

生活保護を受けると、その他に必要なお金の多くが無料になります。

例えば、医療費や税金、公共料金、電車の運賃などが無料になります。

さらに、日常生活に必要なふとんや、洋服代、就職の準備に必要なお金なども一定額が支給されます。

ですから、月にもらえるお金が13万円前後でも、ある程度余裕を持った生活ができるでしょう。

生活保護で実際に貰えるお金はどれくらい?都内一人暮らしだと13万円前後 まとめ

生活保護で貰えるお金は、住んでいる場所や世帯の状況などによって変わります。

都内一人暮らしだとだいたい13万円です。

田舎のほうだと1~2万円マイナスとなり、世帯の家族が増えると一人につき4~5万円増えます。

生活保護には、毎月支給されるお金の他にも、税金や公共料金がタダになるという制度があります。

これらの制度を利用すれば、それほど日常の生活に困ることはないでしょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました